長期間家を空けるなら|留守宅を管理してくれる会社を利用しよう

未使用物件の負担をなくす

空き部屋

使用貸借という方法

不動産の問題の中でも、「空き家の有効活用」という問題は、かなり深刻なものです。ただでさえ維持、管理に多額の費用がかかる不動産が、空き家状態で有効活用されていないということは、非常に大きな損失にしかならないからです。しかしそうは言いましても、基本的に住居として、希望者と賃貸借契約をする以外には、有効活用という方法がわからないという人も多いことでしょう。もちろん誰かとスムースに賃貸借契約を結べて、家賃収入を得られればいいのですが、これは借主を探すのが、素人には困難です。そこでこうした空き家を所有している人は、無償で管理を委託、つまり使用貸借契約をするといいでしょう。この使用貸借は、賃貸借契約と違って、あくまでも無償で不動産を貸す代わりに、その管理を依頼するわけですから、契約は簡単なものですみますし、なによりも入居希望者よりも見つけることがたやすいというメリットもあります。無償ならば、利用したい人間はすぐ見つかるでしょうし、その代わりに管理をしてもらえば、いちいち所有者が管理をする必要もないのです。それ以上に有効な活用法が見つかるまでの間、そうした契約で負担を減らすというテクニックは、かなり画期的と言えるでしょう。一方で、より高い質の管理を行ないたいならばやはり専門業者の力を借りると良いでしょう。管理会社では、空き家となった住宅を定期的に掃除してくれたり、不法侵入者がいないかの確認をしてくれたりと様々な管理業務を行なってくれます。それにより、管理にかかる手間や時間なども省けるため楽になります。